1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. アンサンブルコンテスト県大会は銀賞 「経験を今後の糧に」

ニュース&トピックス

アンサンブルコンテスト県大会は銀賞 「経験を今後の糧に」

 121日(日)に行われたアンサンブルコンテスト長野県大会。フルート五重奏で出場した本校グループは、審査の結果、銀賞をいただきました。

5人中3人が小学生というアンサンブルは前例のない快挙でしたが、本番前には肩を組んで気持ちを統一させ、スイッチを入れて臨んだと言います。本番の様子を「5人の音色がまとまり、悔いのない演奏ができた。」と話してくれたのは、6年生の波塲さん。他にも、「演奏する楽しさを知ることができた(6年・花岡さん)」、「自分たちらしい演奏ができた(同・川村さん)」と、初めての県大会を振り返りました。

後輩をリードしてきた8年生の名和さんと髙林さんも、「中信大会では、“もっとできたはず”という演奏になってしまい反省が残ったけれど、練習を重ねた曲を一番楽しく、程よい緊張とともにリラックスして吹けたのがこの県大会でした。」と話していました。

ぴったり息の合った演奏を作り上げるまでの大変さ、時間をかけ、環境を整えて練習することの大切さを、身をもって経験できたコンテスト。他校の様々な演奏を直接聴けたことは、フルートパートだけにとどまらず、楽器を演奏する生徒たちにとって大きな糧となることでしょう。

 

 

〈大会情報〉

43回長野県アンサンブルコンテスト中学校の部 県大会

平成30121日(日) キッセイ文化ホール

フルート五重奏  銀賞

 名和いろは(8年) 髙林真白(8年)

 花岡結咲(6年)  川村優花(6年)  波塲 和(6年)

曲目:5本のフルートのための協奏曲 ニ長調 作品15 3番より

作曲:J.B.ボワモルティエ