1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 「はたらくってたのしい!」 2年生のさいきょう商店街

ニュース&トピックス

「はたらくってたのしい!」 2年生のさいきょう商店街

投稿日:2017.08.31

お知らせ イベント 第Ⅰ期

 830日(水)、2年生がお店作りと商品づくりを手がけた、恒例の「さいきょう商店街」が開かれました。講堂いっぱいにお店を並べ、1年生をお客さんに迎えた商店街はとても賑わっていました。

 

さいきょう商店街は、生活科の授業の一環として行っています。単なるお店屋さんごっこではなく、売り上げ1番を目指してしのぎを削っていく中で、働くことの大変さや喜びを自ら実感し、一生懸命に作った商品をお客さんが喜んで買っていってくれることを通じ、働くことが社会貢献につながることを学習目的とした活動です。

 店構えや陳列の仕方、商品を作って売ることなどを、自分たちで企画し進めていきます。この一連の作業の中で、普段の買い物で訪れるお店側の工夫や苦労を体験して学ぶことができました。7月にはお店ごとに企画書を用意し、校長先生に出店許可をもらいに行きました。無事承認されると、みんないっそう活気づいた様子でした。

 

商品は牛乳パックの新幹線やSL、ジャムの空きびんで作ったスノードーム、ふわふわ毛糸のケーキなど、どれも不用品で作ったとは思えない出来栄えのものばかりです。

「いらっしゃいませー!」

「楽しいおもちゃがありますよ。見に来てください!」

2年生は、お客さんである1年生に声をかけ、おすすめの品を買ってもらおうと熱心にアピールしていました。1年生も買い物袋を手にしてあちこちのお店をめぐり、お財布事情(お金は牛乳びんのふた)と相談しながら、好きなものを買い求めていました。

 

どんなお店を出してどんなものを売ろうかな…。

買ってもらいやすい値段はいくらかな…。

お客さんをたくさん集め、売り上げを伸ばすためにはどんな工夫をすればいいかな…。

グループごとに話し合い、協力して作り上げた商店街は、どのお店も大好評でした。

「商品を作るのは大変だったけど、1年生がたくさん買ってくれてうれしかった。本当のお店で買い物をするときは、お店の人にありがとうって言いたい。」

「自分たちで作ったものをどんどん買ってもらえて、はたらくことが楽しいと思った。」

さいきょう商店街の目的である「働くこと」の意義がしっかり学習できたようです。